Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<スペシャルインタビュー>プルシェンコが語る、男子フィギュア新時代。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2017/12/14 07:00

<スペシャルインタビュー>プルシェンコが語る、男子フィギュア新時代。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga
オリンピックに過去4度出場し、団体を含む2つの金と、2つの銀メダルに輝いたエフゲニー・プルシェンコ。
4回転新時代となった五輪シーズンに“皇帝”は何を見るのか。

 羽生結弦が絶対王者と尊敬する皇帝、エフゲニー・プルシェンコ。その彼がチャリティショーに出演するために11年ぶりにニューヨークを訪れ、単独取材に応じた。

 2002年ソルトレイクシティ五輪で銀、'06年トリノ五輪で金メダルを射止め、いったん競技から身を引いた後、復帰した'10年バンクーバー五輪で銀に輝いた。'14年ソチ五輪では団体戦でSP、フリーの両方を滑りロシアの金メダルに貢献。実に4度の五輪で表彰台に上り、現役時代ずっと4回転を跳び続けてきた超人は、今の男子フィギュアをどう見るのか。


「今のトップ男子には、ものすごく感謝をしているんです。だってフィギュアスケートを20年分進化させてくれたから。'10年のオリンピックでは、ほとんどの選手が4回転ジャンプを成功できなかった。それが今では5種類の4回転ジャンプが揃い、羽生はフリーで5回跳ぶ。ネイサンは5種類全てを跳ぶし、昌磨は4回か時に5回。ボーヤンも凄い。男子のフィギュアはこうでなくては」

 プルシェンコはそう語り始めた。連覇を狙って復帰した'10年のバンクーバー五輪で、プルシェンコは唯一SPとフリーで4回転を成功させたにも関わらず、4回転を跳ばなかったエヴァン・ライサチェックに敗れて銀メダルに終わった。それは彼の競技人生の中で最も悔しかったことに違いない。今の4回転新時代の到来は、彼にとって溜飲が下がる思いなのだろう。

「フィギュアスケートは、氷上のバレエではなく、競技スポーツ。もっともっと激しく、難しくと進化して行くべきでしょう」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

エフゲニー・プルシェンコ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ