オリンピックへの道BACK NUMBER

ISU公式初の3アクセル+3トウループ。
全日本でも大注目、15歳の紀平梨花。

posted2017/12/15 08:00

 
ISU公式初の3アクセル+3トウループ。全日本でも大注目、15歳の紀平梨花。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

浅田真央の時と同様、年齢制限のため平昌五輪には間に合わない紀平。3アクセルを武器に、世界トップを目指して欲しい!

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 完璧な回転と着氷だった。

 12月9日、ジュニアグランプリファイナルの女子フリー。紀平梨花が冒頭、3アクセル-3トウループをきれいに決めると、場内に大きな歓声と拍手が沸き起こった。ISU公式大会で史上初となる快挙の瞬間だった。

「(演技全体が)ノーミスではなかったので少し悔しいけれど、決まったことはうれしいです」

 試合後、率直に喜びを表した。

 今シーズンの紀平は、西日本選手権で3アクセル-3トウループ、3アクセルに成功し、全日本ジュニア選手権では3アクセル-3トウループ-2トウループの3連続ジャンプと3アクセルを成功させている。大会を前に高まっていた関係者やファンの期待に見事に応えた紀平を、海外メディアも大きく報じた。

 そんな驚異のジャンプ力を見せるスケーターは、どのようにして今日まで成長してきたのか。

バレエか、それともフィギュアスケートか。

 紀平はもともとはバレエとフィギュアスケートをしていた。どちらか1本にするよう両親から促されたとき、スケートを選んだ。

「バレエがそこまで好きではなかったのと、ジャンプができるようになったりするのが好きで、スケートかなと思いました」

「ノービスB」(9~10歳)のカテゴリの頃までは、決して目を見張る成績の選手ではなかった。

 転機は、小学5年生の終わり頃に訪れた。

【次ページ】 これまでのジャンプ技術をすべて直した!?

1 2 3 4 NEXT
紀平梨花
浅田真央
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ