Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<新スタジアムを体感する>
市立吹田サッカースタジアムのリアル・レポート。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/03/11 06:00

<新スタジアムを体感する>市立吹田サッカースタジアムのリアル・レポート。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

宇佐美貴史のCKも目と鼻の先! ゴール裏フェンスからゴールラインは10m、メインとバックスタンドからタッチラインは7mと、声援もダイレクトに伝わる。

鳴り物入りで初ゲームを迎えた次世代のスタジアム。国内外の“現場”を見てきた筆者が感じた、未来の手応えとは。

 無機質な灰色の砦。

 今季からガンバ大阪の本拠地となる市立吹田サッカースタジアムは、見るからに殺風景だ。だが、この砦は生きている。ガンバのサポーターで埋め尽くされたゴール裏は、躍動する青い壁のようだ。

 こけら落としとなる名古屋グランパスとの「パナソニックカップ」を観戦して、あるスタジアムを連想した。ドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルク。8万人を飲み込むスタンドは、荘厳な歌声とともに巨大な生物のように揺れる。あの感覚に似たものが吹田スタジアムにはあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2364文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ガンバ大阪

Jリーグの前後の記事

ページトップ