SCORE CARDBACK NUMBER

リーグ3連覇を経験する男、興梠慎三の勝負に徹する姿勢。~らしく勝つ、らしくなくても勝つ~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/04/29 17:00

リーグ3連覇を経験する男、興梠慎三の勝負に徹する姿勢。~らしく勝つ、らしくなくても勝つ~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

昨季まで5年連続2桁得点を記録するエース。チームメイトのラファエル・シルバ(中央)らと得点ランクを争う。

 メリハリある戦い方。それが今年の浦和レッズのテーマだ。

 7-0で圧倒したベガルタ仙台戦(7日)の後、上海上港に勝ちACLグループリーグ突破に王手をかけ、その5日後のFC東京戦でも白星を挙げてJリーグで今季初めて首位に立った。

 この2試合はいずれも1-0で逃げ切った。上海上港戦はブラジル代表オスカルの2つのPKをしのぎ、FC東京戦は前半に奪った興梠慎三のゴールを守った。ペトロヴィッチ監督は「美しくない戦い方であっても勝利していく。その変化を考えてやっている」と語っている。美しい戦い方を追求する一方で、過密日程のなかでは勝負に徹する場合もあるということ。FC東京戦がまさにそれを象徴するゲームであった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 560文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2017年の松坂世代。

Sports Graphic Number 926

2017年の松坂世代。

 

浦和レッズ
鹿島アントラーズ
興梠慎三

Jリーグの前後の記事

ページトップ