SCORE CARDBACK NUMBER

東京五輪のメダルを目指し、鍛錬が続くサクラセブンズ。~男子高校生のコーチを呆れさせる身体能力~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by Nobuhiko Otomo

posted2017/04/03 10:00

東京五輪のメダルを目指し、鍛錬が続くサクラセブンズ。~男子高校生のコーチを呆れさせる身体能力~<Number Web> photograph by  Nobuhiko Otomo

男子選手をハンドオフで抜いて行く清水麻有。サクラセブンズの次代を担う19歳のエースだ。

 冷たい北風の中、乙女たちは疲れを知らずに走り続けていた。

 3月10日、福島県いわき市の新舞子フットボール場で行われていたのは、女子セブンズ日本代表候補のセレクション合宿。地元の男子高校生相手の実戦練習では、男子の当たりにはねとばされても、すぐに起き上がって次のサポートに走り、相手が揃う前にボールを動かす。

「走れコラァ! 負けてんぞ!」

 教え子達にゲキを飛ばした男子高校生のコーチが、あきれ気味につぶやく。

「あのフィットネスはすごいね」

 昨年のリオ五輪。サクラセブンズこと女子日本代表は、わずか1勝しただけの10位に終わり、ワールドシリーズからも降格。五輪後は影を潜めていたが……実は、ひそかに鍛錬を続けていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。
稲田仁
東京五輪

ラグビーの前後の記事

ページトップ