SCORE CARDBACK NUMBER

「チャンピオン・ロス」で'17年F1勢力図が激変。~ロズベルグの急な引退で、メルセデスがドライバー狩りを開始~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/01/20 08:00

「チャンピオン・ロス」で'17年F1勢力図が激変。~ロズベルグの急な引退で、メルセデスがドライバー狩りを開始~<Number Web> photograph by Getty Images

移籍が現実味を帯びてきたバルテリ・ボッタス。メルセデス首脳ウォルフとの関係も深い。

 チャンピオン・ロス――'17年シーズン開幕を前に、メルセデス・チームは'16年王者ニコ・ロズベルグの後任選考に余念がない(1月3日時点)。その経緯をまとめてみよう。

 11月27日、最終戦アブダビGPでロズベルグが史上33人目のワールドチャンピオンに。F111年目で悲願を達成する。

 12月2日、FIA年間表彰式の前に突然「今季で引退」と会見で宣言。新王者は僅か5日後に自ら“退位”を決断した。

 12月中旬、数々の憶測が流れる中、ベッテルは「フェラーリとの契約がある」と立場を明確に。またアロンソも「マクラーレン・ホンダとともにタイトルを目指す意志に変わりはない」とコメント。チャンピオン経験者を引き抜くメルセデスの水面下交渉は不調に終わる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 610文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Go for the Top~2017テニス開幕特集~

Sports Graphic Number 919

Go for the Top
~2017テニス開幕特集~

 

メルセデス
ニコ・ロズベルグ

F1の前後の記事

ページトップ