SCORE CARDBACK NUMBER

レイカーズに調和を生んだ、ウォルトンの“愛”の指導。~“恐怖”とは対極にあるコーチングの方法論~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/12/03 17:00

レイカーズに調和を生んだ、ウォルトンの“愛”の指導。~“恐怖”とは対極にあるコーチングの方法論~<Number Web> photograph by Getty Images

ウォルトンは'03年から'12年までレイカーズのFWとして活躍。'09年、'10年の2連覇を経験。

 コーチには2つの道具がある。“愛”と“恐怖”だ。今年6月、弱冠36歳でロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチに就いたルーク・ウォルトンにとって、どちらを使うかの選択は簡単だった。

「僕は“愛”で導くようにしている」とウォルトンHC。「ヒッピーの両親にそう育てられたのだから、当然だよね」

 ウォルトンの父は元NBA選手でバスケットボールの殿堂入りしているビル・ウォルトン。'70年代に愛と平和を訴えたヒッピー世代の一人だ。

「愛で導く」といっても、選手たちの好き放題にやらせるわけではない。

「選手たちには責任を持たせるようにしている。だめだったときにはそう言う。ただ、他の人の前で怒鳴ったり、人に恥をかかせたりするのは好きではないから、何かあれば、なるべく個別に伝えるようにしている」とウォルトンHCは言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジェイミー・ジャパン誇り高き出航。
ロサンゼルス・レイカーズ
ルーク・ウォルトン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ