SCORE CARDBACK NUMBER

スピードスケートの革命児、新星・
村上右磨の躍進。~「危険物取扱者
乙種第4類」を持つ代表選手って?~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/11/13 09:00

スピードスケートの革命児、新星・村上右磨の躍進。~「危険物取扱者乙種第4類」を持つ代表選手って?~<Number Web> photograph by KYODO

勝利後も村上にほとんど笑顔はなく、「目標はまだまだ先にある」と気を引き締めていた。

 スピードスケート男子短距離界に異色の新星が現れた。

 10月に長野・エムウェーブで行なわれた全日本距離別選手権男子500mで無名の23歳、村上右磨(村上電気)が自己ベストを0秒24縮める35秒08の好タイムで初優勝。「34秒台を出したかったので満足はできない」と悔しがりながらも、初の主要大会制覇に表情を緩ませた。


 スピードスケートが盛んな北海道大樹町に住んでいた3歳の頃、スケートを始めた。幼少時から高校まではスケート経験のない父・忠則さんの指導を受けながら大会に出場し、インターハイで3位に入るなど、一定の活躍を見せた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

男たちの日本シリーズ。~広島vs.日本ハム 6戦の物語~
村上右磨
島崎京子
平昌五輪

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ