SCORE CARDBACK NUMBER

大観衆が見届けたPL学園涙の“ラストゲーム”。~部員の暴力で終わりを迎えた、栄光の歴史~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/07/31 09:00

大観衆が見届けたPL学園涙の“ラストゲーム”。~部員の暴力で終わりを迎えた、栄光の歴史~<Number Web> photograph by KYODO

選手達は泣きながら整列し、梅田翔大主将は「この3年間は一生の宝物」とコメントした。

 大阪大会2回戦で屈指の好カード、PL学園対東大阪大柏原が行われた。花園ラグビー場に隣接する収容人員1600人の箱庭のような花園中央公園野球場に、立ち見が出るほどの観客が押し寄せたのは、この試合がPL学園のラストゲームになるかもしれないという思いが誰の胸中にもあったからだ。

 PL学園の今夏限りの部活動の休止は、チームの弱体化や進学に力を入れるという学校方針などとは関係ない。度重なる野球部員による暴力事件に業を煮やした学園側が過去2年、新入部員の募集を行わなかったことにより、3年生の下に後輩部員がいなくなったためだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 670文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Rio 2016 Preview>黄金の魂を。

Sports Graphic Number 907

<Rio 2016 Preview>
黄金の魂を。

 

高嶋仁
中村順司
PL学園高校
東大阪大柏原高校

高校野球の前後の記事

ページトップ