SCORE CARDBACK NUMBER

オールスターで特大アーチ。カープ打線を支える丸佳浩。~ボールを潰したい、という理想~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2016/07/30 17:00

 丸佳浩は打った直後、しばらくバッターボックスに立ち尽くしていた。あまりにも遥か彼方へ飛んで行った打球を、しばし見つめていたのである。

「切れそうな風が吹いていたんで、どうかなぁと思って見ていたんですけど、切れなくてよかったです(笑)」

 オールスターゲームの第2戦、丸は横浜スタジアムのライトスタンド、ポール際の最上段に特大のホームランをかっ飛ばした。ところが打った直後、丸はなんとも複雑な笑みを浮かべてベースを一周した。そのわけを彼はこう説明していた。

「ホームランを打つ前に、筒香(嘉智)と、アイツがシーズン中に打った場外ホームランについて話していたんです。その直後、僕の“今年一番の会心の当たり”をもってしても場外へ行かなかったので、(筒香には)パワーで負けたなと思って……それだけが心残りですね(笑)」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Rio 2016 Preview>黄金の魂を。

Sports Graphic Number 907

<Rio 2016 Preview>
黄金の魂を。

 

丸佳浩
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ