SCORE CARDBACK NUMBER

“キング”レブロン、モハメド・アリの死を悼む。~社会問題に物言うアスリートの元祖への深い敬意~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/06/18 17:00

“キング”レブロン、モハメド・アリの死を悼む。~社会問題に物言うアスリートの元祖への深い敬意~<Number Web> photograph by Getty Images

「アリはリングの外でも信念のために戦った史上最高のアスリートだ」と語ったレブロン。

 質問は、思いを吐き出すきっかけにすぎなかった。NBAファイナルの合間に行われた6月4日の記者会見でのこと。前日に亡くなったモハメド・アリが現代のアスリートに与えた影響について聞かれたレブロン・ジェイムズ(クリーブランド・キャバリアーズ)は、「質問の意図そのものではないかもしれないけれど」と前置きしてから、アリへの思いを語り始めた。

 自分でもアリの人生に思いを馳せていたようで、言葉は次々とよどみなく出てくる。時々、声が震えていたのは、それだけ彼にとっても大事な話だったからだ。

 ジェイムズが生まれたのは1984年12月。アリが現役引退した後のことだ。それでも、子供の頃は、アリのことは偉大なボクサーとして尊敬し、惹きつけられていたという。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

クリーブランド・キャバリアーズ
モハメド・アリ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ