SCORE CARDBACK NUMBER

松田宣浩の残留で現実味。「40発コンビ」は生まれるか。~ONですら達成できなかった夢の世界へ~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2016/02/26 07:00

 15年前、小久保裕紀、松中信彦、井口資仁、城島健司がズラリと並んだホークス打線は壮観だった。小久保から城島まで、年齢差は5つ。2001年、この4人の日本人選手が揃って30本以上のホームランを放ったのだが、これは球史を紐解いても初めての快挙だった。

 今、あの時代のホークスが重なる。年俸2億円を超えた4人の日本人野手、内川聖一、松田宣浩、長谷川勇也、柳田悠岐。内川から柳田まで歳の差は6つ。かつての小久保、松中、井口、城島の誰もが主役を張れる存在感を放っていたように、この4人にもその可能性がある。

 なかでもカギを握るのは、松田だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 660文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

SUPER RUGBY 2016

Sports Graphic Number 896

SUPER RUGBY 2016

 

福岡ソフトバンクホークス
内川聖一
松田宣浩
長谷川勇也
柳田悠岐

プロ野球の前後の記事

ページトップ