SCORE CARDBACK NUMBER

女王が見せた圧倒的実力。復活した高梨沙羅の進化。~152cm、45kgの体がハンデになるテレマークを克服~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/02/05 06:00

女王が見せた圧倒的実力。復活した高梨沙羅の進化。~152cm、45kgの体がハンデになるテレマークを克服~<Number Web> photograph by KYODO

W杯個人第7戦目の蔵王では優勝後に「ジャンプは2回続けて課題が残る」と厳しい言葉。

 10代最後のシーズンを戦う女子ジャンプ界のエース、19歳の高梨沙羅(クラレ)が、完全復活の域を飛び越えて新次元の強さを手中に収めつつある。

 今シーズンはW杯開幕戦のリレハンメル大会から好調を持続。1月のW杯札幌シリーズ、蔵王シリーズでは4戦4勝と気を吐き、W杯個人総合優勝を争う昨シーズンの女王、ダニエラ・イラシュコ(オーストリア)に大差をつける一人旅を見せている。W杯通算勝利数では2位以下の追随を許さない40勝が目前。勢いはとどまるところを知らない。

 これにはライバルのイラシュコも「沙羅はコンスタントに強い。アンドロイドかと思ってしまう」と肩をすくめるばかり。伝え聞いた高梨が「血は流れていますよ」と、“安心コメント”を出す一幕もあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

高梨沙羅

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ