モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

世界で戦う佐々木歩夢の夢――。
まずはMoto3で初優勝、年間王者に!

posted2019/02/17 11:00

 
世界で戦う佐々木歩夢の夢――。まずはMoto3で初優勝、年間王者に!<Number Web> photograph by Satoshi Endo

MotoGPの中上貴晶をはじめとして、Moto3では佐々木歩夢、鈴木竜生、鳥羽海渡、真崎一輝、小椋藍らが参戦する。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 ロードレース世界選手権(WGP)のMoto3クラスで戦う佐々木歩夢に「今年の目標は?」と問いかけたら、「初表彰台、初優勝、そしてチャンピオン獲得ですね」と答えてくれた。1月中旬、米国グアムで行っていた自主トレのときのことである。

 この自主トレは、スポーツトレーナーの鎌田貴さんが主宰するもので、2輪と4輪の10代の若手選手たちが参加した。

 ほとんどの選手が親の支援で海外合宿に参加しているが、中学卒業後、高校進学せず、プロライダーの道を歩み始めた18歳の佐々木は、まだ十分とは言えない収入のほとんどをこうして自分のために投資している。

 親からの援助に決別し、プロライダーになろうとする意気込みを感じさせるし、そういう選手だからなのだろうか、自然と応援してあげようという気持ちになる。

大いなる飛躍を感じさせた昨季。

 佐々木は、この連載コラムでも何度か紹介したが、ホンダの育成プログラムで成長してきたライダーのひとりである。

 中学3年生のときに、将来のグランプリライダーを育てようとグランプリを運営統括するドルナ・スポーツ(以下ドルナ)とホンダが共同でスタートさせた「アジア・タレント・カップ」でチャンピオン獲得。中学を卒業した翌2016年には、ヨーロッパでドルナが運営し、これまで多くのグランプリライダーを輩出してきた「ルーキーズカップ」でチャンピオンを獲得という素晴らしいキャリアを築いてきた。

 その走りが認められ、'17年にはホンダのサポートでWGP・Moto3クラスにフル参戦を果たすと「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を獲得。世界の舞台でも着実に結果を残した。

 2年目となった昨年は、勲章のないシーズンになったが、初表彰台、初優勝に手が届くレースを何度も見せてくれた。接触転倒などでそのチャンスを逃したが、今年はなにか大きなことを成し遂げてくれるのではないかと大きな期待が膨らむ選手なのである。

【次ページ】 マルケス越えを宣言したビッグマウス!

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐々木歩夢
マルク・マルケス
レッドブル

MotoGPの前後のコラム

ページトップ