SCORE CARDBACK NUMBER

高度な競争を支え続けた、BSの功績を称える。
~モトGP・タイヤ供給撤退を表明~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2014/07/16 10:00

高度な競争を支え続けた、BSの功績を称える。~モトGP・タイヤ供給撤退を表明~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

近年は白熱のバトルが見られるレースが増えた。それは間違いなくタイヤの功績といえる。

 モトGPにタイヤを供給してきたブリヂストン(BS)が、2015年限りの撤退を表明した。BSは'02年に参戦を開始。絶対的強さを誇ったミシュランを相手に徐々に性能を高め、'04年リオGPでホンダの玉田誠が初優勝。'07年にはドゥカティのC・ストーナーが、自身とBSにとって初のタイトルを獲得した。

 '08年にはヤマハのV・ロッシがミシュランでは勝てないからと、BSにスイッチしてチャンピオンに返り咲いた。ロッシの勢いを見たホンダ・ワークスもシーズン中にBSにスイッチ。これがきっかけとなり、翌'09年からBSのタイヤ1社供給が実現することになった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ブリヂストン
ドゥカティ
ケーシー・ストーナー
ホンダ
山田宏

MotoGPの前後のコラム

ページトップ