プロ野球PRESSBACK NUMBER

斎藤佑樹が引退を止めた2017年。
「支えてくれる皆さんがいるから」

posted2019/02/15 11:30

 
斎藤佑樹が引退を止めた2017年。「支えてくれる皆さんがいるから」<Number Web> photograph by Kyodo News

斎藤佑樹はキャンプの練習試合初戦となる韓国NC戦に登板。2回を無安打で抑えるなど、順調な調整を見せている。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「もう引退した方がいいかなと思います」

 2年前の秋の夜、冷静な表情で「引退」の二文字を口にした斎藤佑樹に、その場にいた全員で反対しました。

 チームに求められる結果と自らが求めるパフォーマンスに大きな差があるというのが、斎藤が引退を口にした一番の理由でした。

 あの夜、僕らは彼の気持ちそっちのけで全力で止めました。止めなければいけないと思いました。

 ただ、その年の暮れ、または年明けに引退会見をするのでは……スポーツキャスターとして、実況者として、1人のファンとして「まだ引退はしないで欲しい」という思いを抱えながら過ごした、2017年のオフだったことを覚えています。

 しかし、斎藤佑樹は引退を選択することはありませんでした。そのオフもたった1人で黙々と自主トレを行ない、2月1日にファイターズのユニフォームを着てグラウンドに立っていました。ホッとしました。心の中にあった不安が取り除かれた瞬間でした。

応援してくれる人たちへ恩返し。

 斎藤佑樹はなぜ、引退を選択しなかったのか?

 昨年、インタビューで単刀直入に聞いてみました。返ってきた答えはただ1つ。

「支えてくれる皆さんがいる。だからです」

 想像以上にシンプルな答えでした。苦悩の時間が長く続く中で、初めて聞いた「引退」という言葉。最終的に導き出した答えは、現役続行。自分を支え、応援してくれる方たちへの恩返しの想いが、自らを奮い立たせていました。

 今年も斎藤佑樹は1人、グアムに飛び立ち自主トレを行うことを決めました。1月半ば、彼を取材するために現地を訪れました。

【次ページ】 自主トレのために集った仲間。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ