F1ピットストップBACK NUMBER

F1の最低重量10kg増、実は大改革。
長身ドライバー不利は改善するか。
 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/02/10 11:00

F1の最低重量10kg増、実は大改革。長身ドライバー不利は改善するか。<Number Web> photograph by AFLO

今季ルノーで同僚となるヒュルケンベルグ(左)とリカルド(中央)はいずれも長身ドライバー。最低重量の新規定を歓迎する。

70kg以上のドライバーは9人。

 なお2019年に参戦するドライバーのうち、体重が70kg以上あったのは以下の9人である。

バルテリ・ボッタス(173cm、70㎏)

ダニエル・リカルド(179cm、70kg)

ニコ・ヒュルケンベルグ(184cm、74kg)

ロマン・グロージャン(181cm、71kg)

ランス・ストロール(180cm、70kg)

キミ・ライコネン(175cm、71.5kg)

アレックス・アルボン(186cm、74kg)

ロバート・クビサ(183cm、72kg)

ジョージ・ラッセル(185cm、70kg)

 新しいシーズンのF1を戦う新車は、まず2月7日にハースが発表。11日からは他チームも続々と公開していく。

 これまでも、世界最高峰のマシンを開発してきたF1のエンジニアたちは、レギュレーションによる規制を上回るマシンを作り上げてきた。果たして、'19年のニューマシンはいかなる出来となっているのか。そして、そのマシンのステアリングを握るドライバーたちは、どこまで体を鍛えているのだろうか。

 その答えは、2月18日からスペイン・バルセロナにあるカタロニア・サーキットでスタートする合同テストで明らかになる。

関連記事

BACK 1 2 3
ダニエル・リカルド
ニコ・ヒュルケンベルグ
ロマン・グロージャン
ランス・ストロール
キミ・ライコネン
アレックス・アルボン
ロバート・クビサ
ジョージ・ラッセル

F1の前後の記事

ページトップ