欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ブンデスとJ1の監督を比べてみた。
若手が多いドイツ、多国籍な日本。

posted2019/02/08 11:30

 
ブンデスとJ1の監督を比べてみた。若手が多いドイツ、多国籍な日本。<Number Web> photograph by Uniphoto press

バイエルンの監督を務めるニコ・コバチ。昨シーズンまでは長谷部誠の所属するフランクフルトを率いた。

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 ドイツ・ブンデスリーガはウィンターブレイクも明け、再び熱いリーグ優勝争いが繰り広げられています。ドイツでは、便宜上ウィンターブレイクを挟んで前半戦と後半戦とにリーグを分けて考えます。

 前半戦で首位に立ち「ヘルプストマイスター」(秋の王者)に輝いたドルトムントは、第20節を終えた現在2位ボルシアMGに勝ち点7差を付けて首位を堅持しています。

 しかしドルトムントは、ウィンターブレイク明けのRBライプツィヒ戦こそ勝利したものの、アウェーのフランクフルト戦はドロー。少々、ゲーム内容の低下が見られます。当然各チームはドルトムント包囲網を強めているわけで、おそらくこのまま平穏にシーズンが終わるとは思えません。 

 ただ、今季に関しては今までにない事象も生まれています。

ノイアー、チアゴが負傷。

 それは“盟主”バイエルンの思わぬ躓きです。目下、前人未到リーガ6連覇中の彼らは、OBのニコ・コバチ監督をフランクフルトから引き抜いて余裕しゃくしゃくとばかりにシーズンをスタートさせながらも思うような成績を挙げられず、ウィンターブレイク前に一旦態勢を取り戻して事態の沈静化を図ったものの、2019年を迎えた今、再び不穏な空気が流れ始めています。

 第20節のレバークーゼン戦ではアウェーで結果を残し、ドルトムントの背中を見据えて追走するつもりはずでした。

 しかし、試合は思わぬ展開に。バイエルンはレオン・ゴレツカのゴールで先制しながら、その後3失点を喫して壮絶な逆転負け……。結果、バイエルンは得失点差ながらもボルシアMGに2位の座を譲り、3位へと後退してしまいました。

 バイエルンは今シーズン終了後にシュツットガルトのフランス代表DFバンジャマン・パバールを獲得すると発表しましたが、それ以外の今冬の移籍動向はアメリカMLSのバンクーバーから18歳のカナダ人MFアルフォンソ・デイビスを獲得したのみ。つまり今季は現陣容で戦い抜くしかないわけですが、レバークーゼン戦ではGKマヌエル・ノイアー、MFチアゴ・アルカンタラが負傷欠場。選手層の不安が囁かれています。

【次ページ】 今季すでに3クラブが監督解任。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バイエルン
ニコ・コバチ
ユリアン・ナーゲルスマン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ