ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

長谷部誠はフランクフルトの皇帝。
円熟リベロにファンも絶大な信頼。 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/01/25 10:30

長谷部誠はフランクフルトの皇帝。円熟リベロにファンも絶大な信頼。<Number Web> photograph by Getty Images

試合中にチームメートと意思疎通を図る長谷部誠。日本代表を去った今も、彼は欧州組のトップランナーである。

「今日もマコトは良かったわ」

 彼が目標としたのは2トップの一角でプレーするFWアレ。アレはスラリとしたスリムな体型とは裏腹に絶大な空中戦能力を備えていて、長谷部から放たれるボールを相手DFと競り合い、そのことごとくに勝利します。

 それに呼応した味方がセカンドボールを回収して相手ゴールへ迫る。その共通理解を瞬時にチーム全体へ知らしめた長谷部のリーダーシップは見事で、フランクフルトは前半の36分から45分までの9分間にアレ、レビッチ、ヨビッチが三者揃い踏みのゴールショーを披露して一気に3得点をマークしました。

 結局、後半のフライブルクの猛攻を1失点で凌いだフランクフルトが3-1で勝利。長谷部自身は試合内容にあまり納得していない様子でしたが、またしても爆発した強力3トップにフランクフルトサポーターは狂喜乱舞。スタジアムの熱狂は試合が終わってからもしばらく続きました。

 取材を終えて帰路に着くと、スタジアム最寄りの「Stadion」駅周辺は未だにサポーターが大挙連なっています。いつの間にやら路上ミュージシャンが登場してチームソングを歌い、サポーターが大合唱。電車が来て車内に乗り込んでも宴は続き、フランクフルト中央駅に着いてホームに降りたら、別働隊のサポーターが酒盛りしていてこちらも騒然としていました。

 市内中心部を抜け、自宅近くのバーに立ち寄りました。顔見知りの店員のおばちゃんが阿吽の呼吸でビールを置いてくれて、「今日もマコトは良かったわね」と言ってくれました。

 盛宴の舞台から静謐で穏やかな“家”へ辿り着いた時、僕は改めて長谷部誠という選手の凄みと、彼を敬愛し続けるこの街の人々の心根の温かさを実感したのでした。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長谷部誠
フランクフルト

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ