JリーグPRESSBACK NUMBER

前田遼一と大木武スタイルの親和性。
岐阜の練習で響く「遼一、Good!」 

text by

渡辺功

渡辺功Isao Watanabe

PROFILE

photograph byFC GIFU

posted2019/01/24 10:30

前田遼一と大木武スタイルの親和性。岐阜の練習で響く「遼一、Good!」<Number Web> photograph by FC GIFU

J1で2度の得点王を獲得した前田遼一。37歳で迎えるシーズンは、岐阜の地でのチャレンジとなる。

精神的中枢としての役割も。

 昨シーズンは5~6月に引き分けを挟んで4連勝、一時は7位まで順位を上げたが、7月終わりからクラブワーストの10連敗。浮き沈みが激しかった。得点直後の失点や、連続失点の悪癖が治らず、リーグで2番目に多い5試合の逆転負けを喫するなど、一度悪い流れに陥ると歯止めが利かなくなった。

 37歳の前田のほかに30代の選手は、竹田忠嗣と大分トリニータから期限付き移籍した川西翔太だけ。登録30選手の平均年齢が24.3歳、そのうちプロ5年以下のキャリアの選手が、過半数の17人にも及ぶ。去年と同じ轍を踏んでいたのでは、クラブの目標である「一桁順位」は達成できない。チーム最年長の前田には、精神的中枢としての役割も求められる。

「年齢がいっているからといって『ちょっと、これくらいでいいだろう』みたいな、そういう姿は見せたくありません。ピッチに入ったら年齢は関係ないですし。ピッチの中では、みんな同じ年齢のつもりでプレーしています。ピッチの外では、聞かれたら、いろいろ伝えることができたら良いなと思っています」

 プロ生活20年目。寡黙なストライカーの一挙一動が、若いチームにとって最高の教材になるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
FC岐阜
前田遼一
ジュビロ磐田
FC東京

Jリーグの前後の記事

ページトップ