SCORE CARDBACK NUMBER

J1で歴代1位の631試合出場。
楢崎が貫いたコワモテコーチの教え。
~失敗は取り返せる、という揺るがぬポリシー~

posted2019/01/27 17:00

 
J1で歴代1位の631試合出場。楢崎が貫いたコワモテコーチの教え。~失敗は取り返せる、という揺るがぬポリシー~<Number Web> photograph by AFLO

日本代表としても'98年フランス大会から'10年南アフリカ大会までW杯メンバー入り。日韓大会では正GKに。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

AFLO

 631。J1出場試合数、歴代トップの数字が色褪せることはない。雨の日も風の日もゴールを守り続けた楢崎正剛がプロ24年のキャリアに終止符を打った。

 横浜フリューゲルスに4年、名古屋グランパスに20年。奈良育英を卒業して1年目から出場機会を得ると毎シーズンほぼ出ずっぱり。ケガで離れても、'95年以外は最低でもシーズンの7割は出場している。「ゼロ」に終わったのは'18年シーズンだけだった。


 どっしり構えて、基本に忠実。何よりパフォーマンスに波のない守護神であった。

 影響を受けた1人にフリューゲルス時代のブラジル人GKコーチ、マザロッピがいる。現役の頃、グレミオでリベルタドーレスを制してトヨタカップでも活躍していた。第一印象は「あまりに顔がいかつくて、うろたえた」。だが大舞台を経験したコワモテのコーチはミスをしたときほど寄り添ってくれた。ミスをして落ち込んでいたら「そんなのミスのうちに入らない。気にするな」と肩を叩かれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 481文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<テニス開幕特集>ラブゲームで行こう。

関連記事

楢崎正剛
名古屋グランパス

Jリーグの前後の記事

ページトップ