バレーボールPRESSBACK NUMBER

春高直前までバラバラの金蘭会が、
女子3校目の連覇を達成できた理由。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph bySho Tamura/AFLO SPORT

posted2019/01/17 07:00

春高直前までバラバラの金蘭会が、女子3校目の連覇を達成できた理由。<Number Web> photograph by Sho Tamura/AFLO SPORT

2大会連続3度目の春高バレー優勝を果たした金蘭会。決勝では東九州龍谷にフルセットで競り勝った。

「今は頼んだよエース、って」

 決勝の日の朝も1人で映像を見て来た、という曽我が明かした東龍対策は、実に明確だった。

「東龍は速いというイメージが強いので、今までは常にレフトに1枚ブロックが残って、ライトからの速い攻撃を止めるのが作戦でした。でも今回はライト、ライトと見せておいてそこからレフト、真ん中を使う。しかも速さだけじゃなく高さもあったので、大前提としてブロックはトスが上がってから移動して2枚で跳ぶ。

 塞ぐコースと、抜かせて拾うコースをはっきりさせました。金蘭は両レフトが高いのでブロックにも自信を持っているから、勝負所は1枚でサイドを止める。自分たちの強さも活かして、相手の強さを消すために何が一番いいのか、ということを最後までみんなが共有してプレーできていました」

 決勝点を挙げた宮部の攻撃もさることながら、厳しいマークがつく中でも得意なコースを狙うだけでなくブロックに当てて飛ばすなど、苦しい状況で着実に得点を重ねた西川の活躍も光った。「逃げずに強気で、最後まで攻め続けようと思って打った」というエースに、「自分が一番厳しく当たってきた」と笑いながら曽我が言った。

「国体の時は有喜ちゃんが決めないと『何やってんだよ』って思っていたんです。でも今回は『頼んだよエース』とか、『大丈夫』とか、とにかく安心させてあげたかった。愛芽世もすごかったけど、有喜ちゃんが頑張って、決めてくれて本当によかった。私の中では、MVPは有喜ちゃんにあげたいです」

 優勝候補と言われ続けたエリート軍団が時にぶつかり、泣いて、怒って。拭っても拭いきれないぐらい涙が溢れる。ようやく手にした優勝の喜びは格別だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金蘭会高校
下北沢成徳高校
東九州龍谷高校
西川有喜

バレーボールの前後のコラム

ページトップ