バレーボールPRESSBACK NUMBER

春高直前までバラバラの金蘭会が、
女子3校目の連覇を達成できた理由。

posted2019/01/17 07:00

 
春高直前までバラバラの金蘭会が、女子3校目の連覇を達成できた理由。<Number Web> photograph by Sho Tamura/AFLO SPORT

2大会連続3度目の春高バレー優勝を果たした金蘭会。決勝では東九州龍谷にフルセットで競り勝った。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Sho Tamura/AFLO SPORT

 1位と2位の差。

 金メダルと銀メダルとはいえ、同じ相手に負け続けて来たせいだろうか。勝つことの喜びがこんなに爆発したのは初めてだった。7年ぶりの優勝を目指した東九州龍谷(大分)との決勝戦をフルセットの末に制し、2011年の開催時期移行以後、女子では3校目となった連覇を達成した金蘭会(大阪)、中川つかさ主将は涙で言葉を詰まらせた。

「1年間ずっと負けていたので。ずっと悔しかったけれど、最後に勝つことができて本当によかったです」

準優勝でも内容はボロボロ。

 ユース代表やジュニア代表を揃え、優勝候補の大本命とされた金蘭会だが、インターハイ、国体はどちらも準優勝。エリート軍団の前に二度とも立ちはだかったのは、下北沢成徳(東京)だった。

 とはいえどちらの大会も決勝まで進出しているのは事実であり、敗れた相手が同じだっただけで、結果は準優勝。それほどまでに「敗者」と口にしなくても、そう言葉を向けると、金蘭会の池条義則監督は苦笑いを浮かべた。

「負けたと言っても準優勝。それは確かです。でも何しろ、負け方が強烈だった。インターハイでは何もさせてもらえず完敗。国体も1セットを取ったけれどその後は一方的にやられた。何をすれば成徳に勝てるんだ、と思わされるぐらい、内容はボロボロでした」

 下北沢成徳は1年時からレギュラーとして出場するエースの石川真佑に注目が集まりがちだが、負け続けた金蘭会の中川は「成徳が真佑だけのチームと思ったことは一度もない」と言う。高さではなくスピードも活かす仁井田桃子やリベロの依田茉衣子、攻守のキーマンとなる選手が揃い、総合力の高さで金蘭会を上回ってきた。

【次ページ】 ほぼ年代別代表の難しさ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金蘭会高校
下北沢成徳高校
東九州龍谷高校
西川有喜

バレーボールの前後のコラム

ページトップ