サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

サッカー界とテレビ業界まで変えた。
実況席で見た1992年アジア杯初制覇。

posted2019/01/08 11:00

 
サッカー界とテレビ業界まで変えた。実況席で見た1992年アジア杯初制覇。<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama

1992年のアジア杯制覇を成し遂げ、歓喜に沸くオフトジャパン。若き日のカズ、森保一の姿も。

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph by

Kazuaki Nishiyama

 サッカーのアジアカップがアラブ首長国連邦(UAE)で開幕した。森保一監督率いる日本代表は9日のグループステージ初戦、トルクメニスタン戦から覇権奪還を目指すことになる。

 最多4回の優勝を誇る日本だが、初優勝を飾ったのは遡ること27年前、広島県で開催された1992年大会だった。まだJリーグは始まっていない。アマチュアからプロへの移行期にアジアの頂点を目指した道のりは、代表チームだけでなく、それを報じるメディアにとっても、まさに未知への挑戦だった。

 テレビ放送で言えば、近年は民放のテレビ朝日系列も加わっているが、当時、試合を中継したのはNHKのみ。'92年10月30日のグループステージ初戦、UAE戦の実況を担当した山本浩氏は、当時をこう振り返る。

「当時の私は'89年から福岡放送局で勤務していました。'90年イタリア・ワールドカップ(W杯)は現地に行って実況しているので、サッカー要員という認識はあったとはいえ、福岡では普段、地元のニュースを読んでいるわけです。

 日本代表の試合はテレビで見ている程度でしたが、'93年5月のJリーグ開幕を控えて、サッカーの実況経験者を東京に呼び戻そうという流れがあり、アジアカップを担当することになりました」

商社に通う大学の後輩を……。

 '85年10月のメキシコW杯最終予選の韓国戦など、日本代表の歴史に残る試合を実況しているイメージが強い山本氏も、'92年はサッカーから少し距離を置いていた時期だった。サッカー実況の経験豊富な先輩がそろって現場を離れ、自分がチーフの役割で臨まなければいけないことも重圧だったが、何より大変だったのは、日本の対戦国の情報収集だった。

「実況を担当するアナウンサーが情報を探すのですが、サッカー専門誌にも、ほとんど情報が載っていない時代です。そんなときに頼りになったのが、商社に勤務している大学の後輩でした。

 その後輩を通じてアジア各国に赴任していた人を探すと、サッカー好きな人がいるんですよ。現地で代表チームの試合中継を見たり、新聞や雑誌などで見た情報を参考にさせてもらいました。もっとも、それですら数年前の情報だったりしたんですけどね」

【次ページ】 『砂漠のペレ』と名付けたり。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本浩

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ