バスケットボールPRESSBACK NUMBER

今のジェッツはなぜ競り勝てるか。
天皇杯3連覇に「シェア」で挑む。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2019/01/04 07:00

今のジェッツはなぜ競り勝てるか。天皇杯3連覇に「シェア」で挑む。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

12月16日のアルバルク東京戦で15得点、5アシストをあげた富樫勇樹。チームも好調を維持している。

うまく行っている時に先読みする。

 その背景として、石井はコートの上での選手たちの意識と声を根拠にあげている。

「オフェンスの細かい部分について、選手同士で話し合うことがすごく多くなっているんです。『このあとは相手がこうやって守ってきそうだから』とか、『今はインサイドを上手く攻めることができているから、この後どうやって攻めよう』とか、そういう話をするようになったことがコートに出ていると強く感じています。

 上手く点数を獲れている時間帯でも、何も話さずに速攻を続けているわけではなくて、常に先読みをした会話が増えてきているのがすごく良いところだと思いますね」

 そして忘れてはならないのは、アグレッシブな守備から走るスタイルがジェッツのベースにあること。それを軸として、その先の枝葉を成長させているのが、彼らの現在の姿なのだ。

 だからだろう。アルバルク戦のあと、ポイントガードの富樫はオフェンスでの手応えを踏まえつつも、こう強調するのを忘れなかった。

「しっかりディフェンスをしようという意識から試合に入っていて。そうすることによって、たとえオフェンスがどれだけダメでもディフェンスは大崩れしない。あの展開でも大崩れしなかった部分が、チームの成長だと思います」

一発勝負強者のイメージを越えて。

 Bリーグ初年度に続き、2年目にあたる昨シーズンも天皇杯を制したことで、ジェッツは天皇杯のような一発勝負のトーナメントに強いという評価が固まりつつあった。

 しかし、昨シーズンのCSファイナル。1試合で勝敗を決するアルバルク戦で60-85と完敗して、その神話は崩れさった。

 勢いやジンクス、大会のフォーマットに左右されない真の強さを手にしつつあるのかどうか。

 3連覇をかけて臨む天皇杯が目前に迫った今、ジェッツの真価が問われているのである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ジェッツ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ