Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

川口能活×楢崎正剛「未来のGKへ」
レジェンド守護神対談完全版・後編 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/01/06 11:30

川口能活×楢崎正剛「未来のGKへ」レジェンド守護神対談完全版・後編<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

終始和やかなムードだった川口能活と楢崎正剛の対談。彼らの思いはこれからの守護神へと受け継がれる。

闘莉王の“2人が悪い!”。

楢崎 GK練習で「こうしろ、ああしろ」じゃなくて、11人の中でどういう役割をするか、フィールドの中に入ってGKに求めることがすごくあったから、面白いといえば面白かったよね。

川口 「GKは別」って感じじゃなかったからね。常に11人の中の1人。

楢崎 あの時はディフェンスラインがフラット3で、「こう行ったらこう動け」「押し上げろ」とか。それに連動することが求められていた。そういう意味では、一番いろんなことを要求していたからね。クラブでもそんな監督はあまりいないですから。

――プロとなって、約20年が経過しました。自分が現役引退を決断する瞬間を、イメージできますか。

川口 いやー、わかんないですね。

楢崎 これからまだまだ長くやるとは考えられないですけど、引退を決断する瞬間はわからない。どこで自分のモチベーションが変わってくるのか、わからないから。逆に言えば、「わからない」ってところがいいのかもしれないですね。もしかすると、ぱっと決断するかもしれないし。

――2人の経験を伝えることは、日本サッカー界にとっても貴重だと思います。

楢崎 確かに下の世代に伝えていく役割は持っていると思う。(田中マルクス)闘莉王によく言われるんです。他のチームのGKがミスをした時に、「能活さんとあんたが悪いんだ。あんたたちのせいだ!」って。

川口 なんで?

楢崎 下の世代のGKが育たないのは、俺らが悪いらしい(笑)。

川口 そう言ってるの? おもしろいね。

楢崎 だからこそ、僕らが若い選手たちに伝えていくことは大事かなと思いますね。

川口 伝えていく役割は当然あるし、僕はGKという枠にとらわれずに、チーム全体を見てみたい気持ちもあります。監督とかもやってみたいなって。

【次ページ】 ヨッちゃんは最先端だった。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
川口能活
楢崎正剛

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ