海外サッカーPRESSBACK NUMBER

クラブW杯南米代表を巡るゴタゴタ。
アルゼンチンサッカーの闇が深すぎる。 

text by

藤坂ガルシア千鶴

藤坂ガルシア千鶴Chizuru de Garcia

PROFILE

photograph byUNIPHOTO PRESS

posted2018/12/18 07:00

クラブW杯南米代表を巡るゴタゴタ。アルゼンチンサッカーの闇が深すぎる。<Number Web> photograph by UNIPHOTO PRESS

サンティアゴ・ベルナベウは確かに最高のスタジアムである。しかし南米クラブ王者を決める場所としては……。

サッカーは「腐った社会」の縮図。

 アルゼンチンサッカーの問題の根源は、すべてバーラの存在にあると言い切っていい。

 アルゼンチンには、裁判官から政治家まで、権力者の一部が犯罪組織と深く結びついているという恐ろしい現実があり、サッカー界はそんな「腐った社会」の縮図なのである。そうした事実を知りながら何もできない無力さを嘆きつつも、我々サッカー愛好家たちはベルナベウでのゲームに熱狂し、優勝の悦びに酔い、敗戦の悔しさに涙する。なにせ、「ショーを止めるわけにはいかない」のだ。

 サッカー連盟が南米の誇りを忘れ、アルゼンチン人が自国の恥を世界に曝け出しても、それでもショーは続く。

 ガジャルド監督率いるリーベルがクラブW杯を制覇してくれれば、この虚しさも少しは和らぐだろうか。

BACK 1 2 3
ボカ・ジュニオルス
リーベル・プレート

海外サッカーの前後の記事

ページトップ