球道雑記BACK NUMBER

小柄でも最速155kmの東妻勇輔。
ロッテのドラ2は幕張の防波堤。

posted2018/12/17 07:00

 
小柄でも最速155kmの東妻勇輔。ロッテのドラ2は幕張の防波堤。<Number Web> photograph by Kyodo News

東妻は新入団会見で目標を「最多ホールド」と記した。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 相手を圧倒するほどの威圧感。先のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテにドラフト2位で指名された日本体育大学・東妻勇輔はそれを追い求めている。

「自分が出てきたら、相手が『今日はダメだな』と諦めてくれるような投手になりたい」

 そう話す視線の先には、彼が少年時代に憧れた若き日の阪神・藤川球児の姿がある。

 身長は172cm。投手としては小柄な方だ。しかし、誰よりも負けず嫌いな性格と、努力と研究を積み重ね、プロから上位指名を受けるほどに成長した。最速155kmの速球とどんな窮地にも臆さないマウンド度胸の良さは実寸の何倍にも彼を大きく見せる。

 2年連続Bクラスに沈んだ千葉ロッテの救世主になれるか? 取材で彼と話すうちに、その実像が見えてきた。

日体大でフォームが変化。

 出身は和歌山県和歌山市。好奇心旺盛で活発だった東妻は小学2年生のときに野球を始めた。中学時代は興紀ボーイズに所属し、投手として活躍しながら甲子園で行われた中学硬式の大会で2本の本塁打を放った。当時から身体能力の高さは際立っていたのだろう。

 高校は智弁和歌山高に進学し、3年春には選抜大会にも出場。当時の最速で144kmを計測した。

 それでもプロ入りは叶わなかった。高校卒業後、日本体育大学に進学。そこで彼は目覚ましい成長を遂げることになる。

 当時の東妻と今の彼との違い。そのひとつに投球フォームの変化がある。高校時代ですでに140kmを超える速球を投げた東妻だが、当時は制球とパフォーマンスの安定を求めセットポジションからボールを投げていた。

 しかし、日本体育大学で辻孟彦コーチと出会うとセットポジションからワインドアップにフォームを変更。上の世界で投げることを目標にするのではなく、プロの第一線で活躍することをイメージして、自分を高めていこうと話し合った。

【次ページ】 ワインドアップに変更。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ロッテマリーンズ
東妻勇輔
松本航

プロ野球の前後のコラム

ページトップ