新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『止めたバットでツーベース』
弱気と意地のサービス精神。
野球狂の鳴らすブルースを聴け!

posted2018/12/18 15:00

 
『止めたバットでツーベース』弱気と意地のサービス精神。野球狂の鳴らすブルースを聴け!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『止めたバットでツーベース』村瀬秀信著 双葉社 1500円+税

text by

カネシゲタカシ

カネシゲタカシTakashi Kaneshige

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 試合描写などロクに出てこない。それでいて、とんでもなく面白い野球本だ。

 球団の困惑をよそにファンの支持を得た情熱のヤクルト芸術家、宗派を超えて団結する「カープ坊や」ならぬ「カープ坊主」、飲酒運転で人生を狂わせた元プロ野球選手にして元町長、などなど。業もクセも強い人物たちが野球とともに七転八倒する姿を、ときに熱く、ときに飄々と描いている。かつて「地球の裏側にもう一つの野球があった」とボブ・ホーナーは言ったが、飛行機なんか乗らなくったって“もう一つの野球”はここにある。

 そう、この短編集は徹底して球場の外の物語を紡いでいる。今をときめく鈴木誠也も、村瀬氏にかかれば「町屋の誠也」で、下町の喫茶店のせがれだ。広島東洋カープの四番打者も、巣鴨で孤軍奮闘する謎のヤクルト弁当屋も、皆平等。だからこそ「野球っていいよな」という感慨が王道のスポーツ・ノンフィクションよりも滋味深く去来する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 僕らの時代。

Sports Graphic Number 967

日本代表 僕らの時代。

 

関連記事

プロ野球の前後の記事

ページトップ