ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

長谷部誠が語ったダービーの凄さ。
乱闘騒ぎや裁判沙汰も普通のこと。 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byUNIPHOTO PRESS

posted2018/12/14 10:30

長谷部誠が語ったダービーの凄さ。乱闘騒ぎや裁判沙汰も普通のこと。<Number Web> photograph by UNIPHOTO PRESS

スタジアムでの発煙筒が肯定されるわけではないが、これも欧州サッカーの一部であることは間違いない。

行政を巻き込んで街への出入り禁止も。

 久しぶりに両チームが激突した余波は大きく、続く2016年4月30日の対戦では前回のゲームでフランクフルトサポーターが起こした問題のペナルティとして、DFBスポーツ裁判所がダルムシュタットのホームであるシュタディオン・アム・ベレンファルトアーへのフランクフルトサポーターの出入り禁止、すなわちアウェー席の無観客試合を決定します。

 さらにダルムシュタット市は、試合前後の36時間にわたるフランクフルトサポーターの市中心部への出入りを禁止すると発表したのです。

 これにはフランクフルト側も怒り心頭。ファンが行政裁判所に申し立てを行い、審理の結果、市内出入り禁止処分を一時的に中止される二転三転ぶり。そして試合は、長谷部が同点ゴールを決めるなどして、アウェーのフランクフルトが2-1で勝利したのです!

「いやー、殺気立っているというか……。フランクフルトのサポーターはドイツ国内でも過激と言われているんですけども、ダルムシュタットと対戦したときに、その凄まじさを改めて感じました。これがダービーなんだなって」

 ダルムシュタットは2016-2017シーズンに最下位となって2部に降格したため、今季の両者の対戦はありません。通算成績はフランクフルトの5勝3敗で、これまで引き分けは一度もなし。サポーター同士がライバル心を熱く燃やすのに対し、ピッチ上ではこれまでひとりも退場者が出ていないクリーンゲームが展開されているのも興味深いところです。

 フランクフルトとダルムシュタットの因縁。その名を『ヘッセンダービー』。怖いもの見たさで一度観戦したいものです。長谷部は「もう、嫌」と言うかもしれないけど。

関連記事

BACK 1 2 3 4
長谷部誠

海外サッカーの前後の記事

ページトップ