SCORE CARDBACK NUMBER

EU離脱で外国人選手減少?
プレミアと「代表強化」の矛盾。
~古き良き英国フットボールでは勝てない~

posted2018/12/13 06:00

 
EU離脱で外国人選手減少?プレミアと「代表強化」の矛盾。~古き良き英国フットボールでは勝てない~<Number Web> photograph by Getty Images

ロシアW杯の期間中、サッカーファンがメイ首相らのお面をつけて、EU離脱の国民投票の再実施を呼びかけた。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 BREXIT(ブリグジット)騒動はサッカー界にも波及している。

 英国のEU離脱後は、欧州内での「人の移動の自由」が保障されていたEU出身選手も、「英国で働く=プレミアリーグでプレーする」ためには、英国内務省から労働ビザを取得しなければならなくなる、という見方が有力だ。またFA(イングランドサッカー協会)はチーム登録25人中、21歳までに同国で一定期間プレーしていない非ホームグロウン選手を13人までに制限する意向を示している。理由は自国選手の強化だ。今季のプレミアで先発としてピッチに立つイングランド人選手は全体の約30%にまで減っており、協会としてはこれに歯止めをかけたい。プレミアは約65%が外国人選手で、トッテナムとチェルシーなど5クラブは17人にものぼる。スペイン人の35人を筆頭にフランス人(30人)、ブラジル人(20人)、オランダ人(19人)が多くいるが、規制がかかればこの数は減るだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ