【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。
メジャーでスター選手と仲良くなるべし! 

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph byNumber/Morning

posted2018/12/13 07:00

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。メジャーでスター選手と仲良くなるべし!<Number Web> photograph by Number/Morning

凡田のセカンドキャリアとしてのメジャー挑戦話が……やがてメジャー球団買収の話にまで膨らんだ!!

メジャーでは選手が球団を買う!?

夏之介「もちろん! 元ヤンキースのスーパースターですよね。走攻守全て超一流、カリスマ性もリーダーシップもあって、ミスター・ヤンキース、ミスター・ベースボールみたいな存在でしたよね。かっこよかったなあ……」

池田「彼は実業家などとファンドを組んで2017年、イチローが所属していたマイアミ・マーリンズを買収しました。

 この出来事は、球団買収という大きなビジネスが、しっかりとしたグランドデザインを作れば実現可能であることを示しています。

 日本人の100億円メジャーリーガーたちも、少なからず将来自分が球団を持つことをイメージしていておかしくはないと思いますよ」

夏之介「き、球団買収? いきなり大きな話になってませんか? それに、いくらあれば球団って買えるんだろう……」

池田「マーリンズの場合、約1300億円で買収が成立しています」

夏之介「そ、それは無理ですよ。マーくんやダルさんだって、そこまでの額は……」

池田「たしかに、メジャーリーグの球団は、めちゃくちゃ高いんです。でも……日本の球団は買えるかもしれませんよ。たとえば……DeNAがTBSから横浜ベイスターズを買収したときの価格は、いくらだと思います?」

夏之介「えー……。メジャーの10分の1ぐらいだとすると、130億とか?」

池田「発表された額は総額95億円。あの頃は市場が冷え込んでいたこともあって、このくらいで済みましたが、今はここまで安くはないでしょう。でも、ジーターのようにファンドを組んだりすれば、十分行けるはずです」

【次ページ】 球団買収で一番大事なことは?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池田純
凡田夏之介
横浜DeNAベイスターズ
仙台ゴールデンカップス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ