【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。
メジャーでスター選手と仲良くなるべし! 

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph byNumber/Morning

posted2018/12/13 07:00

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。メジャーでスター選手と仲良くなるべし!<Number Web> photograph by Number/Morning

凡田のセカンドキャリアとしてのメジャー挑戦話が……やがてメジャー球団買収の話にまで膨らんだ!!

球団買収で一番大事なことは?

夏之介「球団オーナーか……。なんとも壮大なセカンドキャリアですね……。でも、そんなにうまくいくものなんですか??」

池田「よくぞ聞いてくれました! もちろん、そんなに簡単にことが進むわけではありません。いくらお金があっても、それだけじゃ駄目ですね」

夏之介「うまくいくために大事なことは、一体なんですか……?」

池田「それは……根回しです!」

 根回し……。百戦錬磨の池田氏の口から出てきたのは、なんとも古風な言葉だった。世界のビジネストレンドは時々刻々と移り変わり、ビジネスのルールも、ずいぶんと新しいものに上書きされてきたように見える。それでも氏は、この球団買収というビッグディールにおいては、昔も今も変わらない「根回し」が必要不可欠な手続きだと考えているようだ。

 夏之介は、背広を来た自分が記者会見に臨み、球団の買収発表をしている姿を頭の中に思い浮かべた。うん、悪くない。でも、この会見を開くところにまで到達するには、一体どんな「根回し」が必要なんだろう……。

(第4回につづく)

『グラゼニ ~パ・リーグ編~』1話目はコチラから
http://morning.moae.jp/lineup/970

▶「Number Sports Business Collegeはこちら

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池田純
凡田夏之介
横浜DeNAベイスターズ
仙台ゴールデンカップス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ