ラグビーPRESSBACK NUMBER

ヤマハとの名勝負、周到な準備。
沢木サントリーが3連覇に王手。

posted2018/12/12 07:00

 
ヤマハとの名勝負、周到な準備。沢木サントリーが3連覇に王手。<Number Web> photograph by Yuuri Tanimoto

会見に臨んだ沢木敬介監督。サントリーを常勝軍団たらしめている指導者だ。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Yuuri Tanimoto

 大会史上初の延長サドンデス。日本選手権を兼ねたラグビー・トップリーグの順位決定トーナメント準決勝で、2連覇の王者サントリーがヤマハ発動機を28-25で退けた。日本選手権史上初の延長戦にもつれ込んだ激闘で、サントリーの沢木敬介監督は用意周到だった。

「サドンデスで決着がつかなかった場合は、コンバージョン(両軍5人ずつによるキック合戦)。そのときのシミュレーションもしっかりしていました」

 ここまで順風満帆ではなかった。今季リーグ戦は6勝1敗の2位通過。トップリーグ開幕から2戦連続で2点差の辛勝となり、3戦目で神戸製鋼に黒星を喫した。

 スタンダードを80分間発揮するというよりは、得点状況に左右される試合運び。その一方で、今季出場機会の少ない選手が中心となった日野との練習試合(9月29日)では、84得点を奪って完封。主力と控えのモチベーションの差が垣間見えた。

勝因の1つはレフリー対策。

 とはいえ結果的にファイナル進出。今季サントリーのターニングポイントは、どこにあったのか。

 準決勝に先発したHO北出卓也が挙げたのは、今季新設のトップリーグカップ第3戦だった。

「カップ戦のNTTコム戦は、普段出られていない選手がすごく良いパフォーマンスをしていました。メンバー全員の刺激になったと思いますし、争いが増えて、チームとしてレベルアップができたと思います」

 大阪を舞台に33-26で競り勝った。勝因のひとつはレフリー対策。サントリーでは試合担当レフリーの特徴を分析し、メンバーに周知徹底させている。カップ第3戦後に沢木監督が語っていた。

「どうやったらペナルティなのか、レフリーの特徴に対し、選手たちがしっかりと対応してくれました」

【次ページ】 「50cm下がる」意識の徹底。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清宮克幸
沢木敬介
ヤマハ発動機ジュビロ
サントリーサンゴリアス

ラグビーの前後のコラム

ページトップ