ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

金子千尋に王柏融。広報も震えた
電撃補強は情報管理と執念の賜物。

posted2018/12/09 11:30

 
金子千尋に王柏融。広報も震えた電撃補強は情報管理と執念の賜物。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季4勝7敗。オリックスから減額制限を大幅に超える年俸提示を受け、その後、自由契約となった金子千尋を日本ハムは1年契約で獲得した。

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ストーブリーグ、オフも師走に入った。慌しいが、心が躍るトピックにあふれている。

 北海道日本ハムファイターズの広報部は今オフ、幸せな右往左往をしながら日々を過ごしているのである。パソコンから報道リリースの「送信」をクリックする前に、記載内容の詳細の事実確認をもう一度、入念にしたくなるほど弊チームにとって大きな案件が連続している。

 12月4日。オリックス・バファローズを自由契約となっていた金子千尋投手と、契約合意に達した。

 12月7日。台湾・ラミゴからポスティングシステム(入札制度)で日本球界移籍を目指し、優先交渉権を得ていた王柏融外野手とも無事に契約合意した。

 上記2件の合間、12月5日には前シカゴ・カブスのジャスティン・ハンコック投手の獲得を発表した。

 翌12月6日には今シーズン加入したマイケル・トンキン投手の退団をリリースしたのである。

 激動の1週間であることは、事象から推察いただけると思う。

ファンと同様のサプライズだった。

 2019年シーズンへ向けた、球団としての所信表明のような「人事」である。それを配信するのは、慣れない新米広報としては少し身構えてしまうのである。

 球団内外の周囲から、よく驚きの声を聞く。広報は情報を早い段階で知っていると思われているが、弊チームはその限りではない。編成権を司るチーム統轄本部の方針で、案件の重要度によるが、重い事案ほど直前である傾向が強い。

 配信前日の深夜、時には当日の朝に「今日の●時に、報道リリースで『●●選手と契約合意』の配信をお願いします」などと、命を受けるケースも多いのである。

 広報業務とは切り離した部分ではあるが、この一貫した指針のお陰でファイターズ、またプロ野球ファンの方々と同様のサプライズ、感情を享受できている。広報でも、その衝撃を共有できるのが弊チームである。

 長い前段になったが、その上で記す。

 王柏融選手である。

【次ページ】 人知れず、日本を離れていた担当者。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

王柏融
金子千尋
北海道日本ハムファイターズ
ジャスティン・ハンコック
マイケル・トンキン

プロ野球の前後のコラム

ページトップ