JリーグPRESSBACK NUMBER

ヴェルディ守護神・上福元直人の
カシージャスと同じ儀式と勇気。

posted2018/12/07 11:30

 
ヴェルディ守護神・上福元直人のカシージャスと同じ儀式と勇気。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

大分、町田を経て今季ヴェルディに加入した上福元直人。2018シーズンは自身初の全試合フルタイム出場を果たした。

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 ゴールを背にし、まずは右のポストに頭を寄せて両手で包む。ジャンプしてクロスバーを手で触れ、左のポストにも同じ所作。東京ヴェルディのゴールマウスを守る上福元直人が、前後半のキックオフの前に必ず行うルーティーンだ。

 縁起を担ぐ趣味はない。占いも信じない。ゲームに臨むにあたっての、神聖な儀式のようなものである。

「きっかけは、スペイン代表やレアル・マドリーで活躍したイケル・カシージャスのプレーです。ある試合で、シュートがポストに当たり、跳ね返ってきたボールをカシージャスがキャッチ。すぐさま起き上がって、ポストにハグをしていたんですね。危ないところを助けてくれてありがとう、と」

土壇場でのヘディングシュート。

 上福元にとって、カシージャスはお手本とするキーパーのひとりだ。近年、ゴールキーパーは大型化が顕著で、180cm台前半の両者はともに小柄な部類に入る。

 だからこそ、シュートに対する反応、細かなステップワーク、予測力に磨きをかけてきた。天性の体躯で及ばない者は、知恵と勇気がなければ、この厳しい世界で生き残れない。

 12月2日、J1参入プレーオフ2回戦。東京Vは終了間際の劇的なゴールで、横浜FCを下した。

 この日、唯一のゴールが生まれたのは、掲示された7分のアディショナルタイムが尽きかけた90+6分だった。東京Vが得たコーナーキックの場面、一縷の望みをかけて上福元が攻撃に加わる。佐藤優平のアウトスウィングのキック、ニアサイドに曲がり落ちてくる球筋に頭から飛び込んだのは上福元。南雄太がシュートをはじき、こぼれ球をドウグラス・ヴィエイラが押し込んだ。

【次ページ】 「戻らなければヤバい」の本能。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東京ヴェルディ
上福元直人

Jリーグの前後のコラム

ページトップ