欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

自由を謳歌しているベンゲルが、
もし今のアーセナルを語ったら。

posted2018/12/04 10:00

 
自由を謳歌しているベンゲルが、もし今のアーセナルを語ったら。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

エメリ体制でも上位をキープしているアーセナル。ベンゲルは今何を思う?

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 22年にも及ぶプレッシャーから解放され、いまアーセン・ベンゲルは自由を謳歌している。レアル・マドリーやパリSG、バイエルンの新監督候補と取り沙汰されたものの、読書をしたり、旅行を楽しんだり、かなりリラックスしているようだ。しかし、アーセナルが気にならないはずがない。

 ウナイ・エメリ新体制の古巣をどのように捉えているのか。“ベンゲルの目線”で考えてみた。

 チームは様変わりしつつあるが、ベースは昨シーズンまでの戦力で築かれている。

 サイドバックは右がエクトル・ベジェリン、左はこのところセアド・コラシナツだが、ハムストリングの痛みが治まればナチョ・モンレアルがポジションを取り戻す。また、エインズリー・メイトランド・ナイルズが、モンレアルの座を脅かすまでに成長したことも喜ばしい。

ドイツ人GKレノの高い安定感。

 中央にはアキレス腱を痛めていたローラン・コシェルニーがまもなく復帰し、彼の相棒はシュコドゥラン・ムスタフィなのか、あるいは新戦力のソクラティス・パパスタソプーロスなのか。コンスタンティノス・マブロパノスは、そけい部の回復が遅れているようだ。いずれにせよ、コシェルニーが戻ってくればDFラインは安定する。

 GKはベルント・レノ。とても安定している。やはり、ドイツ人のGKはレベルが高い。

 2000年代初期にはイェンス・レーマンという優れたタレントがいた。しかし、ペトル・チェフを忘れてはならない。そけい部の負傷によりレノにポジションを明け渡したが、数多くの修羅場を潜り抜けてきたチェフの経験は貴重な財産だ。

 チームファーストを貫くメンタルもすばらしく、二番手に甘んじている現在も、ロッカールームをまとめているに違いない。

【次ページ】 ジャカは相変わらずリスキー。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーセン・ベンゲル
ウナイ・エメリ
アーセナル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ