スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。
“指示無視”の選手がいてもいい。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/11/27 07:00

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。“指示無視”の選手がいてもいい。<Number Web> photograph by Kyodo News

慶応を下して1敗を守った早稲田。次週の早明戦は、ともに久々の対抗戦優勝を懸ける決戦となる。

早稲田の陶酔感あるBK陣。

 大学選手権を睨んだ場合に鍵を握るのは、早慶戦では途中からの出場になったFB丹治辰碩だろう。大学1年生の時はラグビーではなく、ゴルフを突き詰めようとしていた変わり種は、「転調」を奏でることが出来る慶応では稀有な人材だ。

 ケガ明けで本調子ではなかったが、大学選手権で丹治の自由奔放なプレーが炸裂すれば、慶応は面白い存在になる(ただし、彼のブレイクはターンオーバーで終わることも多く、それが改善できれば、という話)。

 早稲田に関しては、卒業生の期待がにわかに高まっている。ジャージには白い襟が復活、そして久しぶりに陶酔感のあるBKが出来つつある。今季のメンバーの能力は、早大史上最高ではないか。

 たとえば、1987年度に東芝府中を破って日本一になったチームのBKのメンバーで、その後に日本代表になった選手は、SH堀越正巳、CTB今駒憲二(ご子息が今度の花園に早稲田実業のウィングとして出場する)、同じくCTB藤掛三男、そしてWTB今泉清の4人だ。

 才能あふれるメンバーが中心ではあったが、公立校出身の努力家も混じっていた。それが早稲田だった。

各ポジションに学生屈指の逸材。

 ところが、今季の早稲田は違う。正真正銘の才能が9番から15番まで揃う。

 SH齋藤の作り出すテンポは、これぞ「早稲田」であり、伸び悩んでいたSO岸岡智樹は早慶戦で55mのドロップゴールを決めるなど、ゲームコントロールに冴えを見せた。

 CTBの中野将伍、桑山淳生は体を張ったアタック、ディフェンスが光る。どちらかといえば「明治キャラ」だが、だからこそ早稲田にとっては貴重な人材だ。

 WTBの古賀由教は決定力と生真面目さが共存し、トライを演出した長田と河瀬の東海大仰星の高校日本一メンバーは、すでに学生屈指の逸材だ。

【次ページ】 早明戦は「定番」の展開か。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

早稲田大学
慶應義塾大学
野澤武史
齋藤直人
中野将伍

ラグビーの前後のコラム

ページトップ