沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

アーモンドアイの敗北は考えづらい。
ジャパンカップで現役最強を証明へ。

posted2018/11/24 08:00

 
アーモンドアイの敗北は考えづらい。ジャパンカップで現役最強を証明へ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

3歳牝馬ながら現役最強と多くの人が口を揃えるアーモンドアイ。ジャパンカップでそれを証明できるか。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 綺麗な目をした天才少女にとって、ここが歴史的名馬への第一歩となるか。

 今週末の第38回ジャパンカップ(11月25日、東京芝2400m、3歳以上GI)では、牝馬三冠を圧勝したアーモンドアイ(牝3歳、父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎)が1番人気になりそうだ。

 古馬とは初対決になるのだが、天皇賞・秋を勝ったレイデオロ、アーモンドアイと同い年のワグネリアンという2頭のダービー馬や、宝塚記念を勝ったミッキーロケットなどが出ないこともあって、単勝1倍台の圧倒的な支持を得るかもしれない。

ジェンティルドンナとの比較。

 これまでの37回で、ジャパンカップに出走した3歳牝馬は32頭。そのなかにはアーモンドアイの母フサイチパンドラ(2006年8番人気5着)も含まれているのだが、勝ったのは12年のジェンティルドンナただ1頭。

 ジェンティルドンナは史上4頭目の三冠牝馬で、凱旋門賞で勝ったと思われた2着に惜敗したオルフェーヴルを競り落としての勝利だった。

 ここと同じ東京芝2400mのオークスで、ジェンティルドンナは2分23秒6のレースレコードで2着を5馬身突き放した。一方のアーモンドアイは2分23秒8というレース史上2番目、つまりジェンティルドンナに次ぐタイムで2馬身差の勝利。

 オークスを2分23秒台で走り切ったのはこの2頭だけという高いレベルの比較となるわけだが、時計では先輩三冠牝馬に軍配が上がる。が、上がり3ハロンはジェンティルドンナが34秒2だったのに対し、アーモンドアイは33秒2。しかも、ジェンティルドンナは単勝5.6倍の3番人気という気楽な立場だったのに対し、アーモンドアイは単勝1.7倍の圧倒的な1番人気でマークされながらの完勝だった。

 どちらも5頭しかいない三冠牝馬のうちの2頭なのだから、突出したものを持っていて当然だ。しかしひとつ確かなのは、三冠を終えた時点で、古馬の牡馬を含めて現役最強という評価を、関係者やファンから得ていたのはアーモンドアイだけ、ということだ。三冠牝馬以外でも、例えばダービーを圧勝したウオッカや、そのウオッカに勝ち越したダイワスカーレットでさえ、これほど高い評価を得てはいなかった。

【次ページ】 相手関係では今年の方が楽。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーモンドアイ

競馬の前後のコラム

ページトップ