F1ピットストップBACK NUMBER

“セナ足伝説”の現代版か?
ハミルトン、1.4秒差勝利の超絶テク。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byPaul-Henri Cahier/Getty Images

posted2018/11/19 08:00

“セナ足伝説”の現代版か?ハミルトン、1.4秒差勝利の超絶テク。<Number Web> photograph by Paul-Henri Cahier/Getty Images

1991年ブラジルGPでのマクラーレン・ホンダMP4/6に乗るアイルトン・セナ。若いホンダのエンジニアの姿も。

最後の10周は祈るのみだった。

「ここにいるエンジニアだけでなく、イギリスのファクトリーにいるエンジニアたちも、サポートしてくれた。だから、諦めるわけにはいかなかった。

 スイッチを変更したり、アクセルペダルをいつもよりも優しく踏んで、できるだけエンジンに負荷を与えない努力をした」(ハミルトン)

 その直後に、フェルスタッペンが周回遅れと絡んでコースアウト。ハミルトンは難なくトップの座を取り戻すが、最後の10周は祈りながらのレースだった。

「お願いだから、このままチェッカーフラッグを受けられますようにってね」(ハミルトン)

 チェッカーフラッグを受けたとき、優勝したハミルトンと2位フェルスタッペンとの差は、わずか1.4秒。まさに伝説の走りだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アイルトン・セナ
ルイス・ハミルトン
マックス・フェルスタッペン

F1の前後の記事

ページトップ