SCORE CARDBACK NUMBER

来季、新対決構図の予兆か。
フェルスタッペンの大反撃。
~メルセデスを追うレッドブルの若きエース~

posted2018/11/22 15:00

 
来季、新対決構図の予兆か。フェルスタッペンの大反撃。~メルセデスを追うレッドブルの若きエース~<Number Web> photograph by Getty Images

ブラジルGP、ハミルトン(右)と対照的な表情のフェルスタッペン。この後接触したオコンに怒りを爆発させた。

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 中南米ラウンドで決まるべくして決まった。L・ハミルトンがメキシコGPでドライバーズ5冠、そしてブラジルGPでメルセデスがコンストラクターズ5冠を達成。'14年のハイブリッド・パワーユニット導入から彼らの時代が続いている。5シーズン99戦(今季ブラジルGPまで)でハミルトン50勝、メルセデス73勝。この勝率は金字塔である。

 ただ絶対王者メルセデスも'14年から16勝、16勝、19勝、12勝ときて今年は最終戦前に10勝で減少傾向だ。一方フェラーリは6勝、レッドブルも4勝と、過去5年で最も多い。

 さらに今季終盤の、第17戦日本GP以降4レースに着目すると、夏までと全く違う流れが見えてくる。日本~アメリカ~メキシコ~ブラジルGPの“ミニ4戦チャンピオンシップ”。1位ハミルトン77点、2位M・フェルスタッペン76点、3位K・ライコネン65点、4位V・ボッタス48点、5位S・ベッテル46点。ハミルトンに“1点差”で迫るフェルスタッペンは、年間ランクこそ5位だが日本GPから3位、2位、1位、2位と連続表彰台。一方タイトル争いに敗れたベッテルはこの4戦ではライコネンやボッタス以下だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ルイス・ハミルトン
マックス・フェルスタッペン
メルセデスAMG
レッドブル

F1の前後のコラム

ページトップ