バレーボールPRESSBACK NUMBER

新生Vリーグは客層が変わった!
「社員のもの」から真の興行へ。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/30 11:00

新生Vリーグは客層が変わった!「社員のもの」から真の興行へ。<Number Web> photograph by Kyodo News

2012年ロンドン五輪で金メダルを獲得した新外国人ムセルスキーを擁するサントリーが開幕戦勝利を飾った。

SNSのプロモーションは課題。

 そして最後にもうひとつ。チームやVリーグ機構にももうひと踏ん張りしてほしい。新しく生まれ変わるリーグの開幕戦であるにもかかわらず、その情報が、もともとバレーボールに興味を持っている人以外には全く知られていなかった。

 特にSNSでの事前告知は少なく、Tリーグの開幕やプロ野球ドラフト会議と重なったこともありメディアへの露出も十分ではなかった。特に最も力を入れたという、オフィシャルソングと選手のダンス動画に関しては、公開から3週間で9000回程度の再生数にとどまっている。

 これは、既存のファン以外に関心を寄せる者がいないと判断していい数字だろう。チームや選手に多くを求めるのであれば、Vリーグ機構も本気でリーグの知名度アップに力を入れてほしい。

 ただし、横断幕の件も含め、さまざまなクレームが出るのはバレーボールチームが「企業の福利厚生」から脱却し、興行として認められつつある証拠でもある。

 過去には招待券で入った応援団が座る席をねらってサインボールを投げ入れる選手の姿も見られ、チームは選手の視線はサポーターではなく会社のほうを向いていると感じる機会も多かった。

 おそらく観戦していたサポーターの中にも「企業スポーツは各企業の社員のもの」という、あの会場が醸し出す雰囲気に、居心地の悪さを感じていたかたも少なからずいたのではないか。そういった、クラブが大切にすべき「顧客」が堂々と意見を言えるリーグになったのだと、まずは前向きにとらえたい。

関連コラム

BACK 1 2 3
ドミトリー・ムセルスキー
藤中謙也

バレーボールの前後のコラム

ページトップ