リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

1位バルサ、2位がエスパニョール!?
新監督が選手の劣等感を消した方法。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byUniphoto PRESS

posted2018/10/26 07:00

1位バルサ、2位がエスパニョール!?新監督が選手の劣等感を消した方法。<Number Web> photograph by Uniphoto PRESS

かつて中村俊輔も在籍したエスパニョール。ルビ新監督のもとで今季序盤戦は驚きの躍進を見せている。

「練習量より質がすごい」

 ルビはいわゆる“サッカーの虫”で、細かいところも疎かにしない完璧主義者。先ほどのレミーロはウエスカのゴールを守っていた頃、立ち位置を50cm修正されたことがある。

 また選手に何本ものビデオを見せ、プレーのイメージ作りをさせることでも知られている。さらに第5節のR・マドリー戦で見せたように、ボールの支配権を相手に譲る戦術的柔軟性も併せ持つ。

 おかげで練習量は増えているようだが、CBダビド・ロペスによると、選手側に不満はない。

「選手にとっては何の練習にもなっていないことに時間をかける監督もいる中で、ルビは違う。すごいのは量ではなく質なんだ」

 ルビに言われてやったことが試合で効果を発揮する。選手は自信とやる気と監督への信頼を増し、次の練習に臨む。 

 昨季とは正反対の循環が今季のエスパニョールでは起きているわけだ。

カタルーニャ人最優秀監督に。

 敬愛するグアルディオラを押しのけ、2017-18シーズンのカタルーニャ人最優秀監督に選ばれていたルビは、10月半ばに行われた授賞式でエスパニョールファンに呼びかけた。

「素晴らしい結末を期待し、夢見てもらいたい」

 シーズンはまだ4分の1を終えただけ。今いる場所にずっといられるわけではないことをルビは誰よりもわかっている。

 しかし、昨季辛い思いをしていたエスパニョールのファンは、このひとことで自信と誇りを取り戻したことだろう。彼らがスタンドを埋め尽くすホームゲームのエスパニョールは、これからもきっと強い。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼップ・グアルディオラ
ジュアン・フランセスク・ファレー
エスパニョール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ