第95回箱根駅伝(2019)BACK NUMBER

決着のポイントは山下りの神?
隠れた勝負所は「6区」だ。 

text by

別府響(文藝春秋)

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/08 11:00

決着のポイントは山下りの神?隠れた勝負所は「6区」だ。<Number Web> photograph by AFLO

ダークホースとなりそうな2人。

 ダークホースになりそうなのは、法大の佐藤敏也(3年)と中央学大の樋口陸(4年)の2人。佐藤は2年連続して区間3位で山を駆け下っており、下りへの適性は十分。平地での走力も十分のため6区を回避する可能性もあるが、法大は昨季山上りの5区で区間賞を獲得した青木涼真(3年)も健在で、平地のランナー次第では上位の実力校を切り崩す可能性も十分だ。

 樋口は昨季こそ区間6位に留まったものの、ルーキーの頃から3年間チームの順位に関わらず安定した走りを見せており、最終学年となる今季は4年生としての意地も見せてくれるはずだ。例年、戦前の想像以上の結果をたたき出し続ける中央学大だけに、独自の調整法からの好走が期待される。

 6区で区間記録を持つ前述の秋山は、山下りの極意についてこう語っている。

「何より前傾姿勢が重要です。下りになるとどうしても体が後ろに反ってしまいがちですが、そうなるとブレーキがかかってしまう。体をできるだけ前に倒して、胸を張る意識で走るとスムーズに進んで行きます。下りで前傾姿勢をとると当然、スピードは出ますが、そこで怖がらずに“ノッて”いくのが大事なんだと思います」

 絶対王者・青学大が史上3校目となる箱根駅伝5連覇を達成するのか。それとも打倒・青学大に燃える各校が前評判を覆しての勝利となるのか――。

 95度目のレースの結末は、天下の険を“下った”ころに見えてくるのかもしれない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
青山学院大学
小野田勇次
東海大学
中島怜利
法政大学
佐藤敏也
中央学院大学
樋口陸
青木涼真
秋山清仁

陸上の前後の記事

ページトップ