沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

菊花賞は地味に見えてハイレベル!
「キタサンの再来」と期待の1頭。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/10/20 09:00

菊花賞は地味に見えてハイレベル!「キタサンの再来」と期待の1頭。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

セントライト記念から菊花賞というのはキタサンブラックと同じ。ジェネラーレウーノにも大器の気配がする。

勝者はアーモンドアイとの対決も楽しみ。

 ジェネラーレウーノ同様、これから強くなりそうな雰囲気があるのはエタリオウだ。キャリア8戦のうち2着が5回もあるが、中距離で勝ち切れない馬の堅実さが、距離が伸びて鋭さに転じることがままある。成長力のあるステイゴールド産駒で、鞍上がミルコ・デムーロというのも「買い」の材料だ。

 ブラストワンピースは、「無敗のダービー馬」になっても不思議ではないと思われた逸材。今、さらに強くなっている真っ最中という感じがする。前に行きたい馬が多いだけに、ぶっこ抜くシーンも充分考えられる。

 ウオッカやダイワスカーレットが同世代にいた'07年の菊花賞馬はアサクサキングス、ブエナビスタがいた'09年はスリーロールス、アパパネがいた'10年はビッグウィーク、ジェンティルドンナがいた'12年はゴールドシップ。ゴルシは別として、同世代に強い女子がいると、男は目立たなくなりがちだ。

 ここを勝った馬と、アーモンドアイとの対決が楽しみで仕方がなくなるような好レースを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
ジェネラーレウーノ

競馬の前後の記事

ページトップ