野球善哉BACK NUMBER

技術屋・中村剛也の見事な復活劇。
「振り遅れるなら強制的に……」 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/08 08:00

技術屋・中村剛也の見事な復活劇。「振り遅れるなら強制的に……」<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年はシーズン終盤の苦しい時期に山川が打った。そして今年は中村が打った。彼の存在はとてつもなく巨大だ。

技術屋だからこそ果たせた見事な復活劇。

 中村がかつてアオダモのバットを使用していたことは有名な話だ。

 かつての懐が柔らかくて力強いバッティングは、しなりを生かしたスイングスピードが専売特許だった。しかし瞬発力が落ちてきたことに対応して、ボールを捉えるアプローチを変えたということである。

「振り遅れはずっと感じていたんで、色々試しながらやってみたんです。どこで力を生むかなんです」

 現在の中村の打席を確認すると分かるが、トップをつくるまでにバットを小さく動かしているのが分かる。傍目で見れば、タイミングをとっているかのような所作にもうつるが、実は、失われた瞬発力を補うために力を生み出す繊細な動きだったのだ。

 スイングスピードが落ちてミートポイントが後ろになれば、昔のような打球を飛ばすことはできない。そこで中村は力を生み出す動きをつくり、さらにバットの重さと材質を変えてスイングスピードを補ったということだ。

 技術でタイトルを何度も獲得した中村が、復活のたよりにしたのが技術的なアプローチだったというのはなんとも彼らしい。

 10年ぶりの優勝には決して欠かせなかったベテランアーチスト・中村剛也。

 技術屋だからこそ果たせた、見事な復活劇だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中村剛也
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ