ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井上尚弥の衝撃KO、何が起きたか。
「あの60秒で凄く駆け引きをした」

posted2018/10/09 11:40

 
井上尚弥の衝撃KO、何が起きたか。「あの60秒で凄く駆け引きをした」<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

パンチ2発でパヤノをKOした井上尚弥。試合後の会見では傷ひとつない笑顔を見せた。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

 これはもう、事件である。

 圧巻のパフォーマンスで世界を驚かせる井上尚弥(大橋)がまたしてもやってくれた。

 7日、横浜アリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準々決勝、WBA世界同級タイトルマッチで、王者の井上尚弥(大橋)は元WBAスーパー王者の挑戦者、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)にわずか初回1分10秒でKO勝ち。同王座の初防衛に成功するとともに、WBSS準決勝に駒を進めた。

 こんな結末をまったく予想しなかったわけではない。さかのぼること5カ月前、井上はバンタム級進出初戦で、10年間無敗のWBA王者、ジェイミー・マクドネル(英)をわずか1分52秒で仕留めていたからだ。

 とはいえ、今回は久々に対戦するサウスポーであり、ラフファイトもいとわないパヤノが相手である。アマで528戦のキャリアを持ち、プロでも世界チャンピオンを経験している。

 何よりやりにくい曲者タイプだけに、苦戦とは言わぬまでも、フィニッシュまでにはそれなりに手こずるのではないか、と思われたのだが……。

本人は映像を「50回くらい見た」。

 いったい何が起こったのか。映像を「50回くらい見た」という井上と、父の真吾トレーナーの言葉をもとに、試合を振り返ってみよう。

 右構えの井上と左構えのパヤノ。前に出した井上の左グローブと、パヤノの右グローブが触れ合う形だ。パヤノは左足を大きく後ろに引いた半身の構え。左グローブをしっかりアゴにつけ、井上の右を抜かりなく警戒した。

 先にパンチを出したのはパヤノだ。右ジャブを井上のボディに打ち込んだ。体を伸ばして打ち込む右ボディが、バックステップでかわす井上の腹にわずかに触れる。パヤノの踏み込みはなかなか鋭い。

【次ページ】 カウンターの右アッパーで変化が。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥
フアン・カルロス・パヤノ

ボクシングの前後のコラム

ページトップ