ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井上尚弥、最強証明のチャンス到来。
4人の世界王者を含むトーナメント。

posted2018/10/06 17:00

 
井上尚弥、最強証明のチャンス到来。4人の世界王者を含むトーナメント。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

公開練習でも、井上尚弥の好調さは存分に発揮されていた。世界も井上のポテンシャルに注目している。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

 5月に3階級制覇を達成した井上尚弥(大橋)のWBAバンタム級王座初防衛戦が目前に迫った。

 今回はただの防衛戦というだけでなく、賞金トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の初戦。挑戦者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)は元WBAスーパー王者の肩書きを持つなかなかの曲者だ。はたして日本が世界に誇る“モンスター”は新たな舞台でどんな試合を見せてくれるのだろうか──。

 試合が目前に迫る中、ひしひしと伝わってくるのは井上の好調さだ。「減量がうまくいっている」と語るように、これまでならピリピリしていた試合3日前の予備検診でも笑顔が見られた。

 前回のバンタム級進出第1戦は、クラスを上げたにもかかわらず「(リミットが)1.4キロ増えた感覚的な部分が分からなくて、けっこうきつかった」そうだが、今回は第1戦の経験がいきているのだろう。とにかく全身から「絶好調」というオーラが発散されているのだ。

真の世界一を決める豪華メンバー。

 加えてメンタル面の充実も見逃せない。モチベーションを高めているのはWBSSという冠である。これは昨年、ヨーロッパで始まった実力者8人による賞金トーナメントで、強い選手がみんな集まって本当の世界一を決めようじゃないか、というシンプルにして大胆な発想から生まれた。

 主要な団体だけでも4つあり、やれ暫定だ、スーパーだと世界チャンピオンが乱立している状況は、長年にわたってファンを辟易させてきた。

 そんな不満を一気に解消してくれるWBSSの課題は、真の世界一を決めるにふさわしい実力者が参加してくれるかどうか、にあった。しかし蓋を開けてみると、昨年開催のシーズン1、クルーザー級は主要4団体の王者がすべて出場。シーズン2に組み込まれたバンタム級も、空位のWBCを除き、WBAスーパー、WBA(井上)、IBF、WBOと4人の世界チャンピオンが参加し、名実ともにバンタム級のワールドカップとなったのである。

 つまりバンタム級の場合、優勝すれば自動的に3団体統一王者になれる。さらに準決勝、決勝の会場が、井上のかねて希望している海外の可能性が高いということも、やる気をアップさせている。

【次ページ】 井上優位が定説だが、イージーではない。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥
フアン・カルロス・パヤノ

ボクシングの前後のコラム

ページトップ