イチ流に触れてBACK NUMBER

イチロー、来季現役復帰への自信。
「それは言うまでもないです」 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/08 17:00

イチロー、来季現役復帰への自信。「それは言うまでもないです」<Number Web> photograph by Kyodo News

最終戦でレンジャーズに勝利し、喜びの表情を見せるイチロー会長付き特別補佐。来季、選手としての再契約はあるか?

毎日クタクタで帰る目標を完遂。

 さて、会長付き特別補佐となって133試合。特殊なシーズンを終えたイチローは今季を振り返り、この言葉を残した。

「出来ることは全部やったので、そこそこ疲れています。はい(笑)。ちょっと休みたいかな、うん」

 ヤンキースに在籍した'13年、150試合の出場に終わったイチローはシーズン最終戦後に「もう1周やりたいです。もう1ラウンド、162試合」と、悔しさを表した。そんな選手が今季は5月2日を最後にプレーが出来なくなった。

 出場わずか15試合、44打数9安打、打率.205。それでも「疲れた。休みたい」と言った。そこには一切の妥協がない、イチローらしい日課があった。

「それは日々、毎日の目標がそこですから。帰るときにクタクタで帰るというのはその日の目標でしたから。そこだけを見れば、完遂したということになるでしょうね」

試合前、試合中もトレーニング。

 試合前の初動負荷マシンのトレーニングに始まり、チームメイトのフリー打撃時には外野でボールを追い続けた。自身のフリー打撃では本塁打を連発し変わらぬ姿を示し続けた。

 試合中も初動負荷マシンのトレーニングを続け、合間にケージ打撃でボールを打ち続けた。会長付き特別補佐といえど、イチローがただ椅子に座っている時間はまったくなかった。来る日も来る日もこの作業の繰り返し。強い精神力なくして出来ることではない。

 見据える先にあるものは今さらいうまでもない。イチローは己を信じ、練習しか出来ない孤独な日々を孤高の精神力で過ごし通した。彼は仲間のおかげだと言った。

「周り次第でしたから。僕がやると決めたことを最後までやることは、やれる自信はあったので、問題は周りでしたからね。それを受け入れてくれるか、どうかです。そういうチームメイトだったので、チームメイトだけじゃないですけど、それは助かりました」

【次ページ】 来年の開幕戦出場に現実味。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ