メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

イチローの調整と復帰への本気。
岩隈からの一打、実戦映像を凝視。

posted2018/10/11 11:30

 
イチローの調整と復帰への本気。岩隈からの一打、実戦映像を凝視。<Number Web> photograph by AFLO

9月26日、今季限りで退団する岩隈久志の始球式では捕手役を務めた。

text by

木崎英夫

木崎英夫Hideo Kizaki

PROFILE

photograph by

AFLO

 シーズン最終戦後、マリナーズのイチロー会長付き特別補佐が「ずっと変わっていない」と現役続行の意思を表明すると、翌10月1日に行われた恒例のシーズン総括会見でディポトGMはその見解を示した。

「(アリゾナのキャンプ地)ピオリアでイチローが打席に立つ姿を見るだろう。その段階で状態を見極めることになるが、来年東京で彼が躍動する姿を見たとしても驚きはない」

 ディポトGMは来年3月20、21日に東京で開催される開幕カードでイチローが選手復帰を果たすことを示唆。会見終了後に壇上から降りると日本報道陣に囲まれ、先の見解を掘り下げた。

「40人枠は融通が利く。FAで行き先が決定しない選手も出てくれば、契約上、動かせる選手やその他の選手(年俸調停権のある選手やトレードの俎上に載る選手など)もいる。気にするのは彼の体の状態だけだ」

 地元記者の1人に聞くと、マイナー契約の招待選手でイチローをキャンプに招聘するという見立てをしたが、ディポトGMが来季の契約について具体的に触れることはなかった。

日本開催でベンチ枠28人登録へ。

 ただ、1つ明確にしたのは、イチローを来春のキャンプで今年5月に外れた大リーグ出場の前提となる40人枠に戻し、健康状態に問題がなければ、日本開催で適用されるベンチ枠28人に登録するということだった。

 では、通常の25人枠に戻る、米国帰国後はどうなるのか――。

「分からない……」

 同GMはこう話すにとどめた。

 今季、イチローはキャンプ途中の3月にマリナーズと契約。足を痛め、一時離脱を余儀なくされたが、開幕戦から出場し地元ファンを沸かせた。しかし打撃の調子は下降線をたどる。そして故障者の復帰に伴い、5月2日の試合を最後に25人の出場選手枠から外れ、会長付き特別補佐に就任した。

【次ページ】 調整そのものはどうだったのか。

1 2 3 4 NEXT
イチロー
岩隈久志
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ